山英
フリーダイヤル 0120-27-1024 商品代金合計6,300円(税込)以上で送料無料
山英のご紹介
山英のこだわり
緑茶のチカラ
商品のご案内
お支払・送料
お問い合わせ
カートの中身

ごあいさつ|企業理念|会社概要・沿革

企業理念

「共生」と「循環」それが山英の理念です。

人は社会の中で生き、社会は自然の中で生かされています。そこに必要なのは「共生」という調和です。この「共生」の意識を忘れると、調和は乱れて歪みが生じ、環境破壊などの形で自らに降りかかることでしょう。それは企業にとっても同じことです。

今、社会は地球規模の環境問題や農業問題を抱えています。その中で山英ができることとは何か。答えは「共生」への実行力です。土づくり、お茶づくりを通じて、人と社会と自然がつながり、安定と調和のとれ「循環」の輪が築かれること。そこに力を尽くすのが、山英の企業としての使命だと考えています。

三位一体

「三位一体の調和と安定」それが山英の願いです。

土がつなぐ三位一体。

山英では、化学肥料の過剰投与によって疲弊した土壌を、生態系に沿って成長する健全な土壌に戻すSADAJI(サダジ)農法を推進しています。このSADAJI農法で栽培したお茶や農産物は、栄養素に富んだ味わいの豊かなものになります。また、残留農薬の心配もなく、結果として環境への負荷を大きく軽減することになりました。このような自然の営みに調和する農法が主流になれば、安全な食品をより安く安定的に供給できます。そして、安全な食品を中心とした生活が広がれば、生態系はさらに改善されて環境汚染が減ってゆく、というよい循環が生まれます。

気がつなぐ三位一体。

山英は創業以来の進取の気性を大切にしています。前に述べた独自のSADAJI農法はそのひとつです。また、茶葉の豊富な栄養素をそのまま摂ることができる食用茶の効能にもいちはやく着目し、産学共同研究を推進しました。その成果を商品化した食用茶「自信のある緑茶」シリーズは、緑茶関連食品の新たな市場を確立しています。商品化の際には、直接、口に入れることから安全性と衛生面にことさらに気を配り、生産ラインに高度な食品衛生管理システム「ミニHACCP(ハサップ)」を導入しました。進取の気性と細かな気配りで心とからだによい食品を提供し、人と社会と自然環境をもっと元気にしてゆきたいと考えています。

茶がつなぐ三位一体。

山英はSADAJI農法をベースに、地元の生産者と農薬や化学肥料の使用をできるだけ抑えた栽培契約を交わしています。この関係によって生産者の経営安定がはかられ、消費者の皆さまには、おいしく安全・安心なお茶を安定的にお届けすることができるようになりました。企業としての山英にとって、これは大きなメリットです。この三者の関係をより確かなものにするため、山英では消費者の皆さまに茶園や加工場をじかに見学いただいています。また、ときには生産者の人たちと消費地を訪問し、お互いの顔が見える機会を積極的に設けています。