山英
フリーダイヤル 0120-27-1024 商品代金合計6,300円(税込)以上で送料無料
山英のご紹介
山英のこだわり
緑茶のチカラ
商品のご案内
お支払・送料
お問い合わせ
カートの中身

SADAJI農法+土壌と環境の関係|農産物加工場 (HACCP)|安全・安心の裏付け|お茶アラカルト

農産物加工場 (HACCP)

ミニHACCP承認の農産物加工場

山英では食べるお茶に必要な安全基準を確保するために、独自の衛生管理体制とそれを実践する農産物加工場を建設し、加工から袋詰め・出荷をおこなっています。その実績から、平成10年に山英は、茶業界としては初めてHACCP(ハサップ)普及推進のモデル事業所としての事業委託を受け、平成14年には(社)静岡県食品衛生協会によりミニHACCPの認証を受けることとなりました。

緑茶の原料管理

マイナス10度に保たれた原料冷蔵庫と、原料の茶葉を常温に戻す際の結露を防ぐ除湿室を設置しました。

工場全体のクリーンルーム化

緑茶加工室・仕掛品冷蔵庫さらに袋詰作業室の全室をクリーンルームパネルで施工することによって、工場全体のクリーンルーム化を実現。外気の導入にも防虫網・プレフィルター・HEPAフィルターの三重フィルターを採用し、クリーンエアのみを取り込む構造にしてあります。また、ホコリ、虫等の侵入にも、空調による陽圧構造(対流システム・ダクト方法)を採用するなど、万全の体制が施されています。

細菌対策などの衛生管理

緑茶加工から袋詰め包装までの自動制御によるオンライン化で、衛生的な環境を実現しました。緑茶加工工程でマイクロ波による殺菌処理をし、徹底した細菌対策を行っています。細菌検査室では茶葉生菌数と大腸菌群の2つの細菌検査を実施。とくに生菌数については通常の規制値より10倍厳しい数値を自主規制値としています。

HACCPとISO14001
安全・高品質へのさらなる取り組み

HACCPによる、原料から最終製品に至る各工程での衛生・品質管理を実施。さらにISO14001の内部監査員2名を常駐させることで、製品の規格管理など、より安全で安心してご賞味いただける製品づくりを実践しています。

HACCP(ハサップ)

HACCPとはHazard Analysis Critical Control Pointの略で、日本語では危害分析重要管理点と訳されます。もともとは、1960年代にNASA(アメリカ航空宇宙局)によって、宇宙開発の一環として考え出されたものです。

製造過程を詳細に分析し、可能性のある危害を想定してマニュアルを作成します。それぞれの工程での作業記録を書類として残しておくことで、製品の履歴・工程管理の確認が容易にでき、万が一事故が発生した場合でも、原因の究明・是正処置などの対策を素早く行うことができるます。従来の最終製品の検査に重点を置いた方法から、製造工程全般に高度な安全管理を行う食品検査システムとして制度化されつつあります。

ミニHACCP

乳・乳製品・食肉製品・加圧加熱殺菌食品・魚肉練り製品・清涼飲料水に限定し厚生労働書が承認するHACCPに対し、食品業界全般にHACCPの考え方を導入しよう制定されたのが、ミニHACCPの制度です。地方自治体ごとに独自の規定があり、静岡県では平成13年から導入されています。山英の農産物加工場は、平成14年に茶業界としては初めて、静岡県食品衛生協会よりミニHACCPの認証を受けました。

ミニHACCPの詳細については、社団法人静岡県食品衛生協会のホームページをご覧ください。

http://www.shizushokukyou.or.jp/

factory floor floorimgs